不用品回収されたものは一体どこにいっているの?

不用品回収業者をめぐるトラブルも多い

善良な業者ばかりではない

不用品回収業者はその数も増えてきており、世の中のニーズがそこにあることがうかがえます。ですが、その一方でトラブル報告も多く聞かれるようになりました。
国民生活センターへ相談される件数も年々増加傾向なんです。事例として「無料と思い頼んだところ、車に不用品を乗せた後に料金請求をされた」「不用品回収業者が回収していったものが不法投棄されていた」「見積金額の2倍以上の金額を請求された」などやはりトラブルの多くは金銭関係が多いです。
不法投棄は刑事罰があります。5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金が科されます。1,000万円以下とありますが、相場としては30~50万円ほどのようです。他人の私有地に不法投棄をしていた場合、その撤去費用も支払う必要が出てきたりしますので、業者を選ぶことは大切なんです。

悪徳業者を利用しないための注意

それではトラブルを少しでも避けるために、信頼できる業者を探すにはどうすればいいでしょうか?
基本的には「一般廃棄物の収集運搬業許可」という許可があるところしか、廃棄物の処理を行うことができないんです。ですのでチラシやホームページを見て、まず許可を得ているところなのかを調べましょう。
あとは「無料」と書かれているところはたいてい無料ではないです。トラブルとして挙がっているものも、最初に無料と言われその後高額な料金を請求されていますので、この点は注意をしましょう。

ここまで不用品回収されたあとのリサイクルの流れと回収を依頼する際の注意点について説明しました。
回収された不用品が国内だけではなく海外にも運ばれていたりすると考えると、なんだか不思議な感じがしますね。リサイクル・リユースされるかもしれないあなたの不用品は、信頼ある業者に依頼しましょうね。


この記事をシェアする